カウンセリング.COM
 
  • Miki

いつやめて、いつやり抜くか

何かをすぐにやめてしまう人と、何をやっても、やめられない人といます。

やめないでやり抜く力と、やめることのできる力と、どちらも大切です。 いつやめるのが適当で、いつやり抜くのが適当なのか、知る必要があります。

たたかれても、しいたげられても、

我慢に我慢を重ねて人間関係を続けるのは、自分の健康に良くありません。


もし相手が反省し、なおそうとするなら別ですが、

そのような意思もなく進歩もないときは、その人との人間関係はやめましょう。

あきらめるのは、失敗だと思わないでください。

虐待され続け、ボロボロになってつぶれてしまっては、成功とは言えません。 その反対に、少し問題があるだけで逃げてしまうのも、良くありません。


つらくてもしばらくようすを見て、適当な努力をしてみましょう。


回復、改善への努力も、あきらめないで、地道にやっていくと、光が見えてきます。


それでも、苦しくて、辛くて…

自分が消えてしまいたいと考えてしまうなら、今の環境を変えるべきかもしれません。


あなたは生まれた時から特別なのです。

合わない環境、合わない他人の価値観のためにボロボロになる必要はありません。


自分らしく、あるがままの自分で生きていける。

迷ったときは、ココカラに立ち寄ってみるといいでしょう。


あなたらしさ、あるがままの人生を私たちは応援しています。



11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示