カウンセリング.COM
  • Miki

人を愛するには…

自分をむやみに罰していませんか。


自分を軽蔑していませんか。


自分を嫌っていませんか。

深いこころの傷を放っておくと、自己を憎むようになってしまいます。

自分が憎いと人を愛することができません。



他人をねたみ、憎むことで、何とか自分を持ち上げようと

無意識に努力をしますが、憎しみはますます募り、孤独へと追い込まれます。

自分のこころにある、古く深い傷を癒すのが、まず「はじめ」です。

心の傷を受けたのは、自分のせいではないのですから、

自分をやさしくいたわってやりましょう。


自分を憎み、罰し、軽蔑するのはやめましょう。


▶︎ 自分を傷つけてしまうこと


私の臨床経験において、自分のことが嫌いで嫌いで仕方なく、

自分を傷つけてしまう方たちとも出会いました。


しかし、その方々の多くは「死ぬため」に自分を傷つけているというよりも

「生きている」という実感を得るために傷つけている方の方が多かった印象です。


医療者によっては、「自傷行為=絶対悪」として捉え、叱責されることもあります。


「しっかりしろ!」とか「頑張れ!」と言われることで

自分のなかでは、「“しっかり”できない私」とか「まだ頑張らないといけないの!?」などの

自責にとらわれてしまう方もいました。


確かに自分を傷つけなくても「生きてる」という実感や確証が得られる方法があれば

行動の変容として代替行動を強化することも大切です。


しかし、頭ごなしに叱責されれば誰でも混乱し、パニックになってしまいます。


こんな時、「どうして“生きてる”確証」が欲しくなったのか考えましょう。

例えば、孤独感や将来への不安など、社会に見捨てられたような孤立感から…など。


自分が自称してしまう「動機」について詳しく分析されるといいでしょう。


動機が発生しないように工夫すれば、そもそもの「行動化」は起きないのですから。


自分では、わからない、止められない・・・という方は、

こころの専門家へご相談なさるといいでしょう。


諦める必要は全くありません。


自分を知り、他人とは違う自分を受け入れるだけで、苦しさが半減します。



Mental Office ココカラ since 2020   

​熊本県菊池郡菊陽町光の森7丁目  

info@kokocara.net

​👈 無料相談実施中

☎︎:096−200−9657(FAXも可)

営業時間:9:00~17:00(一部 18:00~22:00)

定休日:土・日・祝祭日など