カウンセリング.COM
 
  • Miki

怒りの処理

自分の怒りを、どのように処理していますか。


怒りを爆発させていませんか。誰かにやつあたりしていませんか。


怒りは感情の一つですが、それを相手に向けてはき出すのは

攻撃であり、精神的な暴力です。


とくに、相手との力のバランスがとれていない場合

強い者から弱い者への怒りの爆発は、大きな害となります。 たとえばアルコール依存症の人が回復しはじめたとき、

周囲にいた共依存症の人たち(家族など)の怒りが、ドッと出てくることがあります。


いままで積み重なってきた恨みつらみが、とめどなくあふれ出てくるわけです。

こんな時は、相手の許可を得て聞いてもらうか、枕や壁に向かって大声を出してみましょう。

相手の許可なくぶちまけたり、やつあたりしたりしないようにしましょう。 仲間に話を聞いてもらったり、出さない手紙を書いたり、絵を描いたり、日記をつけたり、散歩をしたり、運動をしたり、お風呂にゆっくり入ったり、メディテーション(瞑想)をしたりしてみましょう。 そして怒りの下にある心の痛み、不安感、悲しさなどを探ってみましょう。


独りで難しい時などは、私たちがお手伝いすることが出来ます。


マインドフルネスを使って、日々の精神をリフレッシュしましょう。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示