カウンセリング.COM
  • Miki

生活のコントロールが崩れるとき

▶︎ 生活のコントロールが崩れるとき


時には自分の生活が、バラバラに崩れていくような気のすることがあります。


今までしっかりとコントロールしてきたはずの自分が

ガタガタと壊れてしまうような気のするときです。


自分のコントロールも、他人に対するコントロールもできなくなって

ブレーキがきかなくなったときです。 実は「このとき」こそが

本当の回復、改善への出発点となることが多いのです。


いままでカチコチにしがみついていたものから自分を離し、

ゼロの時点から始めようとしたとき、否認、否定が破られ、

現実にふれることができるのです。



しばらくの間、お先まっ暗のように感じるかもしれません。 苦しく、つかみどころのない暗中模索の過程で

今まで考えてもみなかった真実が、少しずつ明らかになってきます。




▶︎ 依存からの解放


生まれてからこれまでの期間をかけて築き上げてきた「概念」が

大きく変わるとき。それは大層な刺激になるでしょうし、不安も伴います。


「私がいないと彼は生きていけない…」そう信じている人に

“彼はあなたがいなくても生きていける”という事実を認識してもらうことに似ています。


まるで“彼”のために自分が存在しているかのように聞こえますが

実際は、自分が“彼”に依存しているだけのことが多いのです。


極端な母子関係や恋愛・交友関係に見られるものです。


カウンセリングなど専門家の支援を受けて、改善が図られる際に

これまで当たり前と思っていた「概念」、私がいないと・・・という思い込みが覆されていくわけです。


対象が子であれば、素直に“成長した”とも捉えられますが

共依存にある関係では、大切なものが奪われていくような、喪失感に似た感情が生まれます。


その時に、自分も子もコントロールできないような、困惑した状態に陥りやすいのです。


しばらくは困惑状態が続きますが、それを乗り越えると

新たな概念が構築されて、社会に適応できる健全な母子関係に戻ることができます。


もし、あなたが何らかの治療を受けている経過で

路頭に迷ったような感覚に晒されているのなら、治療の効果が出ているチャンスなのかもしれません。


しかし、強い不全感も伴いますので、ぜひ専門家に素直な表現で報告だけでもしておきましょう!



Mental Office ココカラ since 2020   

​熊本県菊池郡菊陽町光の森7丁目  

info@kokocara.net

​👈 無料相談実施中

☎︎:096−200−9657(FAXも可)

営業時間:9:00~17:00(一部 18:00~22:00)

定休日:土・日・祝祭日など