カウンセリング.COM
 
  • Miki

自分の「こころ」に栄養補給

あなたは、自分の「こころ」に栄養を与えていますか。

自分の「こころ」に栄養を与え、育てていくことは、自分本位なことではありません。


では、「こころ」の栄養とは、何でしょう?


人によって「こころ」の栄養は違うようです。



家族、友人、恋人、子供、あなたをサポートしてくれる「人」・・・?


あるいは、物なのか・・・音楽なのか・・・こころへの響きなのか・・?



一人きりでは栄養不足になりがちです。 ・・・あなたはどうですか?

カラダが病気になったとき、傷ついたとき

まわりの人に助けてもらい、栄養を与えてもらうこともあるでしょう。


「こころの傷」も同じように、まわりの人に栄養をもらって癒していくのです。


疲れたときは、お風呂に入ったり、休み、寂しくなったら仲間と話したり、


自分の好きな本を読んだり、静かに音楽を聞き、混乱したら相談しましょう。



自分に「こころ」の栄養を与えると、スピリットが育ちます。


自分のやさしさが発揮できます。




今、気付いたら、そのままにしないで・・紙に書き残しましょう。


あなたの将来、未来のために・・・



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示