カウンセリング.COM
  • Miki

3つの依存

こんにちは、熊本のカウンセリングルーム「Mental Office ココカラ」です✨


今日は「依存」や「共依存」、そして「相互依存」について学びましょう。


▶︎ 依存


依存とは、他人や組織、時にはモノに対して愛情や支持、保護、援助を求め、それがなくては生きていけない状態であり、行為や思考のコントロール障害といわれています。


自分ではやめられなくなり、精神医学の立場から病気と認められているものを「依存症」といいます。


もっと簡単に言えば「弱いものが、強いものに頼ること」です。


そういう意味では、子どもは大人に依存せざるをえません。

しかし、大人になってもこれが抜けきれない場合があります。


依存心が強いと、一人ではものごとができず、いつも他人におんぶされて暮らそうとします。


独立心は育たず、誰かがいないと不安におののいて過ごすことになります。




▶︎ 共依存


共依存とは、簡単に言えば「自分自身に焦点があたっていない状態」のことです。


自分の価値を、周囲の基準だけを頼りに判断する。

自分がどうしたいかではなく、周囲の期待に応えることだけに必死。

他の人の問題を解決することに、いつも一生けんめい。


「私がいなければ、彼は生きていけない」「私が手伝ってあげないと…」

冷静に考えれば、そんな訳はなく、これまでの人生を生きてこれたように、その人なりの生き方で、生きることはできるんですけどね…。


誰かとの関係で、自分ばかりが責任やリスクを負ったり、気持ちを押し殺したりして、犠牲になっていないでしょうか。


相手が決めたり考えるべきことまで、やってあげたり、指示したりしていないでしょうか。


その結果、相手の更なる甘えを招いてしまっている…なんてことは、よくあるものです。



▶︎ 相互依存

相互依存とは、自立している者同士が、お互いを尊重し、支え合うことができる関係のことを言い、状況によっては、お互いに依存し合うこともできる関係性のことです。


どちらも自立していることが前提で、健全な人間関係にみられるものです。


自分が相手頼り、またあるときは相手が自分に頼ることです。

相手との関係は柔軟性に富み、お互いに助けあっていける 「最良な人間関係」といえます。



3つの「依存」を紹介しましたが、あなたはどうですか?

自分の行動を振り返ってみて、最良な相互依存ができるよう努めましょう。


自分から関係性修復への努力をしましょう。

健全な人間関係、社会との繋がりを深めましょう。


Mental Office ココカラ since 2020   

​熊本県菊池郡菊陽町光の森7丁目  

info@kokocara.net

​👈 無料相談実施中

☎︎:096−200−9657(FAXも可)

営業時間:9:00~17:00(一部 18:00~22:00)

定休日:土・日・祝祭日など